ようこそ

さきらジュニアオーケストラ・アカデミーへ 

私は、小学校3年生のとき、同級生が弾いているヴァイオリンに憧れ、ヴァイオリンを習い始めました。いまから60年も前のことです。やがて高校生になり入部したオーケストラ部で、アンサンブルの楽しみと楽譜の面白さに目覚めました。特にオーケストラの総譜(スコア)はめくるめく世界でした。

当時、その高校に顧問として指導に来られていた、若き日の名指揮者、朝比奈隆先生がおっしゃった言葉、
 
「交響曲を演奏できるのが、オーケストラだ!」
 
考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、交響曲が大好きだった私はすっかりその言葉にひきつけられ、オーケストラのとりこになりました。それがきっかけで、40年近くのあいだ、オーケストラで演奏することになったのです。

オーケストラの魅力は、大作曲家が心血を注いで創り上げた名作が演奏出来ることです。日常にはない壮大な世界です。100人近い団員が指揮者と共に心と力を合わせ、真剣に同じ目的に向かって進むことは、それだけでも、特に現代の社会においては稀有なことと云えるでしょう。そしてその原動力となるのが天才作曲家たちが書き記した「楽譜」なのです。

オーケストラでは、この「楽譜」からイメージを得て音楽を創り出します。自分の手元にあるひとつの印刷物「楽譜」から、私たちにしかできない「音楽」を生み出します。ぜひ、多くの若い人たちに、この感激を味わってもらいたいと思っています。

栗東芸術文化会館さきらには「さきらジュニアオーケストラ」があります。また、「さきらジュニアオーケストラ・アカデミー」では、音楽基礎のクラスがあり、これを受講することによって、楽譜についてより深い理解が得られます。これまで気づかなかった、たくさんの「音楽の不思議」に出会ったり、「楽譜の仕掛け」を見つけたりすることによって、音楽がもっと楽しくなることでしょう。

ぜひ、オーケストラに参加しませんか。楽譜の勉強をしませんか。
これまで体験したことのない素晴らしい響きが君たちを待っています。

校長 藤井允人

ようこそ

さきらジュニアオーケストラアカデミーへ 

私は、小学校3年生の時、同級生が弾いているヴァイオリンに憧れ、ヴァイオリンを習い始めました。いまから60年も前のことです。やがて高校生になり入部したオーケストラ部で、アンサンブルの楽しみと楽譜の面白さに目覚めました。特にオーケストラの総譜(スコア)は目くるめく世界でした。

 

当時、その高校に顧問として指導に来られていた若き日の名指揮者朝比奈隆先生がおっしゃった言葉「交響曲を演奏できるのが、オーケストラだ!」

考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、交響曲が大好きだった私はすっかりその言葉にひきつけられ、オーケストラのとりこになりました。それがきっかけで、40年近くのあいだ、オーケストラで演奏することになったのです。

 

オーケストラの魅力は、大作曲家が心血注いで創り上げた名作が演奏出来ることです。日常にはない壮大な世界です。100人近い団員が指揮者と共に心と力を合わせ真剣に同じ目的に向かって進むことは、それだけでも、特に現代の社会においては希有なことと云えるでしょう。

そしてその原動力となるのが天才作曲家たちが書き記した「楽譜」なのです。この「楽譜」からイメージを得て音楽を創り出します。自分の手元にあるひとつの印刷物「楽譜」から、私たちにしかできない「音楽」を生み出します。ぜひ、多くの若い人たちに、この感激を味わってもらいたいと思っています。

 

栗東芸術文化会館さきらには「さきらジュニアオーケストラ」があります。また「さきらジュニアオーケストラ・アカデミー」では、音楽基礎のクラスがありこれを受講することによって、楽譜についてより深い理解が得られます。これまで気づかなかったたくさんの「音楽の不思議」に出会ったり、「楽譜の仕掛け」を見つけたりすることによって、音楽がもっと楽しくなることでしょう。

 

ぜひ、オーケストラに参加しませんか。楽譜の勉強をしませんか。

これまで体験したことのない素晴らしい響きが君たちを待っています。

校長 藤井允人

 

ようこそ

さきらジュニアオーケストラ・アカデミーへ 

私は、小学校3年生の時、同級生が弾いているヴァイオリンに憧れ、ヴァイオリンを習い始めました。

いまから60年も前のことです。

やがて高校生になり入部したオーケストラ部で、アンサンブルの楽しみと楽譜の面白さに目覚めました。特にオーケストラの総譜(スコア)は目くるめく世界でした。

 

当時、その高校に顧問として指導に来られていた若き日の名指揮者朝比奈隆先生がおっしゃった言葉

「交響曲を演奏できるのが、オーケストラだ!」

考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、交響曲が大好きだった私はすっかりその言葉にひきつけられ、オーケストラのとりこになりました。それがきっかけで、40年近くのあいだ、オーケストラで演奏することになったのです。

 

オーケストラの魅力は、大作曲家が心血注いで創り上げた名作が演奏出来ることです。日常にはない壮大な世界です。100人近い団員が指揮者と共に心と力を合わせ真剣に同じ目的に向かって進むことは、それだけでも、特に現代の社会においては希有なことと云えるでしょう。

そしてその原動力となるのが天才作曲家たちが書き記した「楽譜」なのです。この「楽譜」からイメージを得て音楽を創り出します。自分の手元にあるひとつの印刷物「楽譜」から、私たちにしかできない「音楽」を生み出します。ぜひ、多くの若い人たちに、この感激を味わってもらいたいと思っています。

 

栗東芸術文化会館さきらには「さきらジュニアオーケストラ」があります。また「さきらジュニアオーケストラ・アカデミー」では、音楽基礎のクラスがありこれを受講することによって、楽譜についてより深い理解が得られます。これまで気づかなかったたくさんの「音楽の不思議」に出会ったり、「楽譜の仕掛け」を見つけたりすることによって、音楽がもっと楽しくなることでしょう。

 

ぜひ、オーケストラに参加しませんか。楽譜の勉強をしませんか。

これまで体験したことのない素晴らしい響きが君たちを待っています。

校長 藤井允人

 

Copyright (c) SAKIRA Junior Orchestra Academy. All Rights Reserved.